僕の創る作品の世界観



   ここCANDy BLOODで僕が創る作品は、こちらです。




   こ れらが CANDy BLOODのスターターアイテムになります。


   本来の革の持つ、革の風合いを楽しみたい人用に作っている、

   ナチュラル感を大切にした作品です。





   革を育てるという感覚を味わいたい人には、これらのアイテムが最適だと思います。





   なぜ、これらをCANDy BLOODのスターターアイテムにしているのか?
   と言いますと、理由が2つあります。





   まず1つ目の理由は、このCANDy BLOODのスターターアイテムで
   使用する革の感じを手にして欲しいからです。





   この革には秘密が隠されています。





   使用している革というのは、フルタンニンなめしの
   無染色のヌメ革で、オーソドックスな革です。

ushinonumegawa











   この革は独特な柔らかさがあるのですが、
   僕はこの革をそのまま使いません。



形状記憶する革を使用した独自の作り方



   この革には、隠されたとても特異な特徴があります。





   その特徴というのは、 革の形を記憶するという特徴です。





   どういう事か説明致しますと、特 殊な手法を施すと

   作っ た物の形を形状記憶してしまうんです。





   形状記憶パーマや、形状記憶合金などはご存知かもしれませんが、
   それと同じで、iPhoneのサイズでケース自体が形状記憶をしてあります。





   だからiPhoneが滑り落ちる事も無く、
   ジャストサイズでケースの中に収まります。





   こ の感触を体験してみて下さい。





   初めてこの革のケースにiPhoneを入れる時の感触に
   感動したという声をたくさん頂いているほど、
   ジャストサイズで形状記憶をさせています。



keizyoukioku












   そ の形状記憶をさせる工程が 3回必要で、それぞれ一回に付き    

   24時間必要になるため、その工程だけで合計72時間かかっています。





   この手間はかけるだけの価値があり、入れ具合が抜群になり
   僕の求める世界観には欠かせない手間のひとつになっています。





   この形状記憶した革の状態を是非とも
   体感して欲しいというのが1つ目の理由です。



僕の世界観の入口



   そして、2つ目の理由は、CANDy BLOODのスターターアイテムを
   知ってもらう事で、更に深い僕の世 界観への架け橋になるからです。



bokunosekaikann












   このスタートアイテム以外のアイテムたちが、
   CANDy BLOODのコアな世界観を表現したものです。





   しかし、いきなりコアなアイテムを買うのも、
   ちょっと不安だと思うのです。





   価格も制作過程の手間暇に見合ったと僕が思う価格がついていますので、
   最初からいきなり買うには勇気が要るかと思うのです。
   (と言ってもハンドメイドなので良心的な価格のはずですが。)





   そのため、まずはCANDy BLOODのスタートアイテムを    

   実際に手にしてもらい、何を感じるかを確かめて欲しいのです。



一切妥協しない理由



   もちろん、スタートアイテムと言っても、僕がこれまで生きて来た生き方が
   反映した、コアなアイテムたちの“原型”に なって いますので見劣りも一切無く、
   使い勝手にも一切手を抜いてい ません。


teshigoto












   そういった事を理解してもらうためのスタートアイテムです。





   ここで僕が手を抜けば、二度と他のアイテムを 買ってくれる事は無いと思うので、
   妥協などはどこにも無いモノを お届けしています。





   まずは僕の書いたこの記事で僕を知り、共感してくれた人には僕が創る
   このCANDy BLOODのスターターアイテムで僕の創る世界観の原点を知ってもらい、
   本来の僕の世界観を覗いて欲しいのです。




   
   僕の一番見てもらいたい世界観をあなた が見た時に、    

   その世界観はどこから来ているのか?





   と、原点を知っている方が断然、その世界観を楽しく興味深く
   見てくれるはずだからです。





   例えば、野球の事をまったく知らない人が、た だただ野球の試合を
   観戦しても面白くないのに対し て、野球の選手の事を一人一人最初に知る事で、
   同じ野球の試合を観戦した時 に、何倍も楽しくなるのと同じ意味合いです。





   この2つの理由が、CANDy BLOODのスターターアイテムを
   ご紹介させて頂く理由です。





   正しい順序で僕の世界観に入って来て欲しいのです。
   

tadashiku


   


   その方が断然楽しくて興味を持ってもらえるからです。僕 がお約束します。
   10年の間で色んな事をお客さんに学び、ここに辿り着きました。






   それでは、CANDy BLOODのスターターアイテムをご紹介していきたいと思います。



CANDy BLOODスタートアイテム iPhoneケース



   まずはこちらです。

   ナチュラル革のiPhoneケース

   

naturaliphonecase    
naturaliphonecase1

   

   革を裁断する所から、すべての工程を手仕事で創っています。




   一個創るためには、一回24時間の革を乾燥させるという
   手間のかかる工程を三回も経なければならず、その合計だけで
   72時間かかっています。




   72時間以上かかっているようには見えないですよね?



         



   僕の世界観を出すための、地味な工程を経なければならず、
   その手間をかけないと、どうしても納得の行く世界観が出ないのです。 

  


   革で形状記憶した状態を出すためには、この72時間の手間が
   どうしても必要な工程になるのです。




   プラスチック製のケースを革に貼り付けただけの
   安易な造りのiPhoneケースとは異なります。




   そして、もう一つ大きな特徴がこの革にはあります。
   それは、使い込む程に出る風合いです。




   この風合いは使う人によって異なりますので、
   世界にひとつしかないあなただけの風合いをお楽しみ下さい。




   在庫がある場合は、ご注文から翌日にはお届けできる事がありますので、
   お急ぎの方は一度お気軽にお問い合わせ下さい。
   (北海道や離党などは納期が異なりますので予めご了承ください。)


                  ¥8,800(税 込み)




gochumon4


CANDy BLOODスタートアイテム



   次のアイテムは、こちらです。
   手帳型iPhoneケース

naturalnotebook1
naturalnotebook2

   こちらも、先ほどのiPhoneケース同様、革を裁断する所から、
   すべての工程を手仕事で創っています。





   こちらの作品も、一個創るためには、一回24時間の革を乾燥させるという
   手間のかかる工程を三回経なければ到達しません。





   そして、こちらの作品は、手帳型のiPhoneケースなので蓋になる部分で
   液晶画面を守り保護してくれます。




                       



   

   こちらの蓋を取り付ける工程で5時間程かかりますので、
   制作時間はトータルで80時間ほどを要します。





   その手間をかけないと、どうしても納得の行く世界観が出ないのです。





   革で形状記憶した状態を出すためには、この80時間の
   手間がどうしても必要な工程になるのです。   





   こちらの作品も同様に、世に出回って居るような、プラスチック製の
   ケースを革に貼り付けただけの安易なiPhoneケースの造りとは異なります。





   そして、もちろんこちらの作品も、使い込む程に出る
   風合いをお楽しみ居ただけます。





   この風合いは使う人によって異なり世界にひとつしかない
   あなただけの風合いに愛着が湧きます。





   在庫がある場合は、ご注文から翌日にはお届けできる事がありますので、
   お急ぎの方は一度お気軽にお問い合わせ下さい。
   (北海道や離党などは納期が異なりますので予めご了承ください。)




                    ¥16,800(税 込み)




gochumon3



CANDy BLOODスタートアイテム



   次のアイテムは、こちらです。
   蓋つきスマートフォンケース

hutatsuki



   次のアイテムは、iPhoneケース以外の人や、完全にまるごと
   スマートフォンをケースに入れておきたい方のケースになります。




   こちらも、先ほどのiPhoneケース同様、革を裁断する所から、
   すべての工程を手仕事で創っています。




   こちらは、スマートフォンを出し入れしやすい型に形状記憶させて創ります。




   ご注文の際には必ず機種名をご記入して下さい。
   その機種のサイズから使いやすい出し入れしやすい型に形状記憶させます。



        



   こちらの作品も一個創るための制作時間が約一週間~かかります。




   形状記憶させるための時間はもちろん、機種によって型を作る所からの
   制作になりますので、平均して約一週間~10日程の制作時間を要します。
   (ご注文状況によって納期が二週間程かかる場合がございます。
   納期が気になる方は事前にお問い合わせ下さい。)




   そして、こちらの作品も蓋になる部分で液晶画面を守り保護してくれますので、
   液晶画面を保護したい、という方や常にバッグの中に入れておく方、もしくは
   ジーンズなどのパンツやバッグの持ち手に常に取り付けておきたい方は、
   このタイプが良いと思います。




   または、先ほどのiPhoneケースごと、こちらのケースに入れておきたい、
   という方も大変多くいらっしゃいます。




   その場合は、ご注文の際の備考欄にその旨をお書き添え下されば、
   出し入れしやすい型に形状記憶させて制作致します。




   そして、もちろんこちらの作品も、使い込む程に出る
   風合いをお楽しみ居ただけます。




   この風合いは使う人によって異なり世界にひとつしかない
   あなただけの風合いに愛着が湧きます。




   こちらはすべて受注制作になりますので、予めご了承ください。



                    ¥12,800(税 込み)

 


gochumon2



サブヘッダー



   次のアイテムは、こちらです。
         小銭入れ
kozeniire


   次のアイテムは、小銭入れになります。
   スマートフォンケースは必要無いという方には、
   この小銭入れが世界観への入り口となります。




   こちらの小銭入れも、先ほどまでのケース同様に、
   形状記憶をさせてあります。




   こちらの小銭入れも、もちろん先ほどのiPhoneケース同様、
   革を裁断する所から、すべての工程を手仕事で創っています。



                     

   

   こちらは、小銭が出し入れしやすい型にぷっくりとした型に、
   形状記憶させて制作いたしております。




   こちらの作品は一個創るための制作時間が約3日で完成致します。
   (ご注文状況によって納期が一週間程かかる場合がございます。
   納期が気になる方は事前にお問い合わせ下さい。)




   そして、こちらの作品はジーンズなどのポケット
   に入れてお使い頂くか、バッグの中に入れておくなどすると
   小銭が要る時にサッと取り出せるだけでなくとても便利です。




   小銭入れとしてではなく、ハンコ入れとして
   お使い頂いている方も多数おみえです。




   そして、こちらの作品ももちろん、使い込む程に
   出る風合いをお楽しみ居ただけます。




   この風合いは使う人によって異なり世界にひとつしかない
   あなただけの風合いに愛着が湧きます。



                   ¥5,500(税 込み)

 
 

gochumon1



こんな方にCANDy BLOODを持ってもらいたいです。



  • 何かに挑戦している人
  • 自分を変えたいと思っている人
  • 人と違ったお洒落をしたい人
  • 人と同じが嫌いな人
  • リーダー的立場にある人
  • ユニークな人
  • そして僕に共感してくれた人



最後まで読んでくれた方が、もし居るのであれば
心より、ありがとうございました。




ここまで読んで下さった、という事は少なくとも僕の事を信用してくれて、
共感する部分もあったのではないでしょうか?




もし、共感して頂いたのであれば、あなたの貴重なお時間を取らせて
しまった事を、無駄にしないためにも、僕にあなたのモノを創らせて下さい。




あなたのために、一生懸命つくります。
そして一緒に、あなたの人生の世界観も少し変化させていきましょう。



ご 興味がある方はコチラの記事もお読み下さい。



CANDy BLOOD無料メールマガジンの登録はコチラからどうぞ。





                    CANDy BLOOD  代表 HIROSHI ADACHI



2014 Copyright CANDy BLOOD All Rights Reserved.